PiTaPa導入

関西私鉄系IC決済サービスの“PiTaPa”を導入しました。

元々、“SUICA”や“ICOCA”が出た当時から、
IC決済サービスには興味がありました。
ただ、普段利用してるのが私鉄だったので、
JR西日本系IC決済サービスにはすぐに飛びつかず、
関西私鉄系IC決済サービスが登場するまで様子を見てました。

そして満を持して登場した関西私鉄系IC決済サービス、
“PiTaPa”。

登場した当初は定期機能が無かったと記憶してます。
早速資料を取り寄せるも、
定期機能が無くては到底使い物になりません。
少なくても定期機能が無いはず無いので、
定期機能が付加されるまで、更に待つ事にしました。

そして定期機能が付加されると、再び資料を手配しました。
PiTaPaの定期機能は指定区間の料金請求の上限が、
1ヶ月定期になる半定額制でした。
当時、3ヶ月定期を購入し続けていた身としては、
1ヶ月定期の料金は些か高く見えました。
なんで3ヶ月定期が無いかなぁ、と思いつつ、
IC決済サービスの利用を諦めたのでした。

そしてつい1ヶ月前。
近くの人がPiTaPaを持っている事に気が付きました。
“定期に比べて高く付かない?”と訊いた所、
“大体3ヶ月定期より安くなるよ。”との返事でした。

詳しく話を聞いてみると、利用回数割引がある御陰で、
定期上限まで行く事が少ないのだそうだ。
と言う事で、紆余曲折有りながらも漸く導入を決意。

JR系IC決済サービスとは違い、
“PiTaPa”は後払い方式なので審査がかなり厳密です。
先月末に申請して、昨日漸く届きました。
審査期間が1〜2週間との事だったので、
概ね標準的な審査期間だったですね。

さて、後は使うのみですが、
既存の定期が今月19日まで有効なのです。
実践投入はまだ先の様です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445369638

この記事へのトラックバック

Edy導入
Excerpt: 電子マネー“Edy”を導入しました。小銭対応しなくて良いのはやっぱり楽ですね。
Weblog: じくよろブログ
Tracked: 2008-10-16 01:40