レイディアント シルバーガン

“レイディアント シルバーガン ”、
トレジャーのシューティングゲーム(以下STG)作品です。

トレジャーと言えば此処最近ではNINTENDO DSの、
“BLEACH DS 蒼天に駆ける運命 ”が記憶に新しいでしょうか。

ちなみにセガサターンです。
先輩から借して頂きました。

先輩と“鋳薔薇(STG)”について会話していたら、
話題はそのまま“往年のSTG”へ。
そして、うちがこう言いました。
“STGにはまったのはギガウイングぐらいからですね。”。

そうすると先輩は、“それは勿体無い。”と即答しました。
そして差し出された“レイディアント シルバーガン ”。
STGの名作との事でした。

と言う事で、久々にセガサターンの電源を入れました。
久々のセガサターンのゲームにまず第1声。
“解像度低!”。

流石にPS2の480iやXBOX360の720pの御時世に、
240pの画像はちときついですね。

“この解像度でSTGなんて出来るのかなぁ。”と思いつつ、
ゲーム開始。

まず驚いたのが、武器の多さ。
自機が1種類しか無い割に、
武器の種類が7種類とかなり多いのでした。

武器の種類の豊富さと比例して、その豊富な武器を、
使い分けなければ成らない様に設計されたステージ。
そして、得点ゲーに肝心な得点システムも、
ルールは簡単な割に、実行する事は難しいシステム。
やはり名作と言っていただけあって、結構面白いです。

まぁ、でもやっぱりこう思う訳です。
“弾幕ゲームじゃないのね。”

続きを読む

poca felicita

Sound Horizonさんの、
ガンスリンガーガールイメージアルバム、
“poca felicita”買いました。

最初に流れる1曲目の歌詞がイタリア語で、
それが曲の最後まで語られるので、
“このアルバム全てイタリア御なのかなぁ。”と、
やや心配してしまいました。
もちろん、そんな事は無かったです。

他の曲はと言うと、
概ね原作のシーンを再現してる感じでしょうか。
取り敢えず“原作読んでおいて良かった。”と思いました。
原作読ま無いで、
こっち先聴くのは個人的にはお勧めしませんねぇ。

原作のシーン再現なんで、
聴いていれば自ずと“あのシーンか。”と思えるんですが、
個人的には、
原作に無いオリジナルシーンが欲しいと思いました。

もしかしてオリジナルシーン有ったんですかね?
ただ気付いて無いだけとか?

評価としては“微妙”ですかね。
悪い所も良い所も思い付きません。

続きを読む

アリソン 第3巻

“キノの旅”著者、時雨沢恵一さんの作品、
アリソン 第3巻上巻 ルトニを車窓から
アリソン 第3巻下巻 陰謀という名の列車
読みました。

此処最近はハセガワケイスケ著作の
“しにがみのバラッド。”を読み進めていたので、
今回久々に時雨沢作品です。

改めて、時雨沢さんの凄さを実感しました。
ちらほらと伏線を張っていく上巻と、
その伏線が収束していく下巻、共に読み応え抜群です。

伏線がちゃんと散らばっているので、
比較的先が読み易いです。
ただ、それでも読み切れた事はありませんが…。

アリソンの続編は無いんですが、
アリソンの世界観続編作品として、
“リリアとトレイズ”が有ります。
既に購入済みで、床に袋のまま置いてます。
引き続きこれを読み進めて行こうと思います。

続きを読む

ARIA 第5巻

ARIA 第5巻読みました。

アニメの方で既に出ていたキャラクターが出て来ました。
既にアニメの方でキャラクター見てたので、
“あれ!?まだ出てなかったっけ。”と、
今更な事を思ってしまいました。

新キャラクターが出て来ましたが、
相変わらず、第1巻からの雰囲気を保ったままです。
良い事です。

“流星群の夜”が読めたので満足です。

続きを読む

ガンスリンガーガール 第6巻

ガンスリンガーガール 第6巻読みました。

相変わらず、物語理解してません。
第5巻読んでからあんまり期間空いて無いはずですが、
どんな状況だったか思い出せません。

しかも第6巻から新編に突入したので、
第5巻がどんなんだったか思い出す手掛かりも無く、
結局有耶無耶に読み進めてしまいました。
まぁ、新編入ったので過去の知識全く要ら無かったですけれど…。

第6巻で新キャラクターが出て来て、
結構じっくり書いていて、なかなか良い感じです。
細かな伏線が語られそうな気がします。
第7巻が楽しみです。

巻末にSound Horizonさん作成のイメージアルバム、
“poca felicita”の事が載っていました。
買いに行かないとなぁ。

続きを読む

しにがみのバラッド 第5巻

5冊買いした“しにがみのバラッド”も、
遂に読み終えました。

う〜ん、どうなんですかねぇ。
第5巻まで読み進めましたが、
なんか盛り上がりに欠ける様な気がします。

楽しめた事は楽しめたんですが、
次買いたいって言う程の中毒性は生まれませんでしたねぇ。

まぁ、古本屋で第6巻見掛けたら買うと思いますが…。

続きを読む

続FPS調整

前回、57fpsしか出なかったアプリケーションですが、
他のPCで試すと61fps等が出る事が分かりました。

幾つかのPCで動作させた所、下記の様に成りました。
2.4GHz 58.0fps
1.8GHz 60.5fps
1.6GHz 61.0fps
どうやらクロック数が下がるとfpsが上がる様です。

FPS調整はCPUクロックを元に計算していたので、
それの計算が間違っていたのでしょうか。

取り敢えず、再考決定です。
とは言うものの、
放ったらかしてキー入力に行きますけれど。

続きを読む

ARIA 第4巻

エマに匹敵する程はまってた…、
いや違いますね。
エマぐらいしか匹敵するものが無いぐらいはまってた割に、
何故か1ヶ月間買わなかったARIA、遂に第4巻買いました。

ぼちぼち1週間に1冊程度のペースで、
買おうと思ってたんですが、そんな事も全く無く、
見事1ヶ月空いてしまいました。
購入する時、どの巻まで持ってたか忘れてましたよ。

さて、そんなARIAですが、やっぱり最高です。
そうですね、言葉で表すなら、
Ammirevole!!【アンミレーヴォレ・称賛に値する、すばらしい】

アニメ版と被ってる話も幾つか有り、
知ってる話もありましたが、
知らない話が良過ぎて、
そんな事最早どうでも良いです。
レデントーレが読めたのなら、十分満足ってなもんです。

はまってる割に、ゆっくり買っていくので、
第5巻買うのは何時に成りますかね。

続きを読む

ニコイチ 第1巻

“ジャングルはいつもハレのちグゥ”の著者、
金田一蓮十郎さんの作品である“ニコイチ”を読みました。

同僚KY氏から貸して頂いたんですが、
かなり面白かったです。

まだ第1巻までしか出てませんが、
第1巻の面白さはかなりの物です。
終わり方的に第2巻もかなり期待出来ると思います。
早く続き読みたいです。

表紙・背表紙・裏表紙が微妙にやばいので、
コンビニで立ち読みしてニヤニヤすると非常に怪しいです。
中身知ってると、その表紙もネタと化すんですが、
知ら無い人からすれば、近寄りがたいです。
まぁ…、
漫画読んでにやけてる時点で十分近寄りがたいですけれど。

まだ第1巻までしか出てない事も有り、
かなり御勧めします。

続きを読む

FPS調整

かなり冷えた前回の土日に、
家に籠もってDirectXプログラミングしてました。

ウインドウ作成やDirectXの初期化は
手抜きながら完了しました。
一応、ウインドウモードでもフルスクリーンモードでも、
動作する物は完成しました。

まぁ、まだグラフィックボードの性能調べて、
それに合わせて表示するなんて高度な事をしてないので、
対応外グラフィックボードだと駄目でしょうね。

まぁ、そこらへんは適当です。
今、重要なのはFPSです。

PCゲームの多くは1秒間に60回、画面を書き換えます。
いわゆる60fpsです。
NTSC方式のTVが1秒間に60回、
画面を表示するのが由来です。

で、今作ってるシステムは57fpsで安定しています。
何処の計算が間違ってるのかなぁ。
有ってると思うんだけどなぁ。

続きを読む