倉庫サイト消失

また依りによって年末年始のこの時期に、
倉庫に使っていたサイトが消滅してしまいました。

年内には分数電卓含め、
データを取得出来る状態にまで復旧させますので、
暫く御了承下さい。

続きを読む

2005年最後の3連休・3日目

さて、3日目です。
普段なら、取り溜めたTV番組を、
だらだら消費していってる筈なんですが、
どうも、今日は出来無さそうです。

と言うのも、年賀状を作成しているからです。
両親の分の年賀状をね。

まぁ、毎年一家の年賀状は全てうちが作成するので、
特に“苦痛”や“面倒い”とか思った事は有りません。
実質、そこら辺で売ってる年賀状雑誌のイラストを、
印刷するだけですし…。

どうもプリンタの調子がおかしく、
印字は掠れるわ、葉書は汚れるわで大変でした。
そろそろ縁無し印刷出来るプリンタに買い換えようかなぁ。

と言っても、
プリンタなんてこの時期ぐらいしか使わないんですよねぇ。

続きを読む

2005年最後の3連休・2日目

長らく放ったらかしにしていた分数電卓の改良を、
再開しようと思います。

と言っても、現在の分数電卓はC言語ベースに成ってます。
モジュール化なんて知ら無い頃に作ったプログラムです。
終始行き当たりばったりのプログラムなので、
はっきり言って、もう改良するの疲れてます。

分子の数値が保存されている変数名が
“denominator(分母)”って時点で、
そもそも、もう限界だったんです。
ちなみに分母変数はもちろん“numerator(分子)”です。

と、言う事でC++言語ベースの分数電卓を、
作り直そうと思います。

さて…、思い立った訳ですが、如何せん知識が足りません。
取り敢えず、至急必要な知識は
“オペレーターオーバーロード”です。
まぁ大体は理解してるんですが、
まだ使った事が無い為、ややあやふやです。

と言う事で、
オペレーターオーバーロードの理解に最適な、
“intクラス”を作る事にしました。
クラスとしてはこの上無く無駄なんですが、
ほぼ全てのオペレーターをオーバーロードしなければ、
成ら無い為、勉強には最適です。

まぁ実を言うと、当初はテンプレート使って、
“typeクラス”を作ろうとしてました。
しかし、どうしてもビルドが出来ず、
仕方なく、“intクラス”に難易度を下げました。

最後の最後まで手こずった為、1日作業と成りました。
“intクラス”はなんとか出来たので、
次は当初の目的の“typeクラス”ですね。

続きを読む

2005年最後の3連休・1日目

ヨドバシカメラへ無線LANブロードバンドルータを、
買いに行きました。
取り敢えず、“11gと11a対応は必須かなぁ。”と、
特に同時利用も想定していないのに、
そんな事考えながら行きました。

11aは新方式に対応していなくても別に良いかな、
と思ってました。
しかし、実際に売り場に行くと旧方式のはやや廃れてて、
今後伸びなさそうでした。
新方式と拡張帯域対応のタイプが1万後半で有りました。
考えるのが面倒くさかったので、それ購入しました。

帰宅して、早速無線LANを構築しました。
まぁ、メインPCは既に有線LANの配線が出来てるので、
FTTH引いてる事も有り、有線LANのままにしておきました。

と言う事で、ノートパソコンに無線lanを付けました。
やっぱり有線LANに比べれば、転送速度はやや落ちますね。
スピードテストサイトで計測した所、
P4 2.4GHzの有線LANで60Mbps。
P3 800KHzの無線LANで15Mbpsでした。

当初、10Mbpsしか出なくて落胆しましたが、
パケットの最適化などを行うと15Mbpsぐらいは、
出る様に成ってくれました。

ただ、2台のPCを同時に計測しても、同じ速度が出ます。
恐らくCPUの方がボトルネックに成ってる様です。

セキュリティはMACアドレスフィルタリング掛けたんで、
大丈夫でしょう。

続きを読む

ルミナリエ2005

同僚MY氏に誘われ、神戸ルミナリエに行ってきました。
メンバーは同僚MY氏、同僚KY氏、同僚IM氏、そしてうちERAL。

思いの外混んでました。
今考えるとあれぐらい混んでてもおかしく無いんですが、
当時は“多分結構空いてるんだろうな。”と思ってました。

久々のルミナリエを感慨深く思い、ハイテンションのうち。
初めての光の祭典にオーバーテンションの同僚IM氏。
うちと同じく感慨深そうな同僚MY氏。
フリーモントストリート・エクスペリエンスに比べると、
どうもねぇ〜と冷めた同僚KY氏。

ルミナリエのイベントも10回目と聞き、
阪神淡路大震災が起きてから、もう10年も経つんだなと、
また感慨深く思いました。
100円以下の小銭を募金し、“冥福”と“継続”を思うのでした。

しかし、“ルミナリエ宝くじ“は正直どうだろう…。
Fbtxtyax

続きを読む

誕生日

昨日12/17日(土)、誕生日でした。

それに託けて、
親に今冬用にカシミアのロングコートを買って貰いました。

数年前に買ったロングコートも、
“もう子ども向けかな。”と思い始めてた頃でした。
今日、ちょうとルミナリエ見に行くので、
その服装に丁度良かったです。

産んでくれた両親と、生まれたその日、
そして年1回の12/17日に感謝し、
“ありがとう。”の言葉を両親へ。

…、ちゃんと“ありがとう。”言ったよな、おれ…。
やばい…、なんか言った記憶が無い…。

約2万円也。

続きを読む

アリソン 第2巻 真昼の夜の夢

キノの旅作者の時雨沢恵一さんが贈る長編小説、
アニソンの第2巻を読み終えました。

やっぱり時雨沢さんの小説は、伏線が考え込まれていて良いですね。
終盤、どんどん伏線が解けていくのが読んでいて楽しいです。
もう先が知りたくて、終盤1/4程は暇が無くても読んでましたね。
もう空きあらば本開いて読んでました。

さて、アリソンは第3巻(上下巻組)まで、発売されてます。
本当なら第3巻上下共に買ってたんですが、諸事情によりまだ未購入です。

古本屋でアリソンが1・2・3上下すべて揃って陳列されていて、
“お!時雨沢作品じゃん。”と気付き、購入意志は付いていました。
ただ、そんなに急いで手に取る必要も無いだろうと、
本を取らずに他の棚を暫し見てました。

そして、数十分後に買う本が全て決まり、
そそくさと本棚を巡り本を集めていくんですが、
なんとアリソン第3巻上下のみ無いんです。
先程までアリソン第3巻上下が置かれていた所には、
その厚さの分だけ、本棚の奥のベニヤ板が晒されていました。

時間にすると十数分の出来事だと思うんですが、
僅差で他の客に買われて仕舞った訳です。
まぁ、そん時は“しゃあ無い。”で済ました訳ですが、
かなりアリソン第3巻が見たい今では、
なぜ見つけた時に手に取っておかなかったのかと悔いるばかりです。

まぁ、暫くは“死神のバラッド”を読み耽る訳ですが、
早くアリソン第3巻が読みたいです。
切実に。

続きを読む

疲労困憊?

※食事中には読ま無い方が良いです。

ん〜、朝起きてから、やや体調不良でした。
と言っても、“眠いだけ。”と思えば、
それで終わる様な体調でした。

ちゃっちゃと支度を済ませ、外出しました。
いつもの時間に発車する電車に乗りました。
そしていつもなら小説を広げ、読み始めるんですが、
今日はそんな気に成れませんでした。

小説を読まず、目的地に着きました。
そしていつもの座り、
昨日の作業の続きをしようと用意しました。

しかし、体調が更に悪化してきました。
眠いと言うより、意識が飛びそうな感じです。
厭な汗も出て来て、もう末期です。

“あ〜、これは目茶やばい。”流石にそう思います。
取り敢えず“トイレにでも行ってぐっすり寝るか。”と、
能く分からない現実逃避を思い付き、
立ち上がり、トイレへ移動しました。

でまぁ…。
なんっつうか…、
えぇっと…、
トイレに入った途端に嘔吐しました。

数年ぶりの嘔吐に、早退しようと決意した訳ですが、
微妙に体調が回復したので、
もう少し様子を見る事にしました。

午後3時頃に軽い波が1回、
午後5時半に重い波が1回来ましたが、
結局早退せずに過ぎました。
“午前中のあの事態はなんだったんだろう。”
そんな事を思いつつも、無事に帰宅出来ました。

今日は、早く寝る事にします。

続きを読む

JScriptでバイナリ操作(6)

Base64系もいつか付けたいと思っていました。
ただ、自前で変換関数作るのは面倒くさいし、
早く成ら無いだろうなぁと後回しにしていました。

しかし、調べてみるとActiveXObjectに変換を行える方法が有る事が分かり、衝動的に作ってしまいました。

CBinaryクラス的には、機能はもうこんなもんで良いんじゃないでしょうか。
今後の機能拡張は継承したクラスで行っていくって感じじゃないですかね。
まぁ、当面は機能追加よりデバッグでしょうかねぇ。

CBinaryクラス(Version1.4.0)

続きを読む

ガンスリンガー ガール 第1・2話

Sound Horizonさんがイメージアルバムを出す予定のガンスリンガー ガール。
取り敢えず、読んでおく事にしました。

え〜、一応第2巻まで読んだんですが、
キャラクターの名前と顔が一致しません。
そもそも主人公って誰?ヘンリエッタ?

最初に数頁にキャラクター紹介入れてくれませんかね。
名前と顔とパートナーが何時まで経っても覚えられません。

物語は有って無しって感じがします。
キャラ物なのかな。

まぁ一応、続き買うつもりで居ます。
古本でですけれど。

続きを読む