ARIA 第3巻

同僚MY氏から借りた“サイコドクター楷恭介”2〜4巻、
同僚HS氏から借りた“蟲師”1〜2巻、
それらを読まないでARIA第3巻読んでしまいました。
何度も言いますが、借りた方を優先して読み進めていく性格なんですけれど…、ARIAの魔力恐るべし。

はまってます、かなりはまってます。
エマ第1〜6巻同時読みした時にエマにはまった度合いに、
匹敵するぐらいはまってます。

第3巻ではアニメ版で既に登場済みのキャラクターが、
2人初登場しました。
3人と2匹の少数で能く4巻(AQUA含む)まで進めた物です。
ちなみに1巻1季で書かれているので4巻で丁度1年。
つまり、AQUA第3巻は2年目突入です。
これ…、1年毎にキャラクター追加していくんじゃないだろうなぁ、と不安に成りつつも、終始楽しく読めました。

この、物語の進展の無さが素晴らしい。

続きを読む

キノの旅 第8巻

前回、アリソン読破時に、
アリソン第2巻とキノの旅第8巻のストックが有りました。

そのままアリソンを読み進めても良かったんですが、
やっぱりキノの旅の方を読んでしまいました。
分厚さ的にキノの旅の方が薄かったので、
すぐに読み終えられるかな、と思ったので。

さて、キノの旅第8巻ですが、
非常に良いです、ってか滅茶苦茶良いです。
良過ぎです。

小説は電車の中で読む物と決めているんですが、
後半がかなり盛り上がり、先知りたさ故に、
電車の中以外でも読み進めてしまいました。
朝食中や昼休み中等、少し時間が空いては読んでました。
むしろ、時間が無くても読んでたりしますが…。

あまりに良かったので、アリソン第2巻そっぽかして、
キノの旅第9巻(最新刊)買おうかと思いましたよ。
まぁ、最新刊に手を出すのはストック尽きてからにするか、
と考え直し、購入はしませんでしたけれど。

続きを読む

インフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種を受けました。
右腕に注射をしたんですが、なんか妙に右腕がだるいです。
午前中にしたんですが、午後は妙に眠かったです。
能く見れば患部は腫れている様にも見えますし…。

“病は気から”を痛感しますね。

続きを読む

サイコドクター楷恭介第1巻

同僚MY氏から借して頂きました、サイコドクター楷恭介。
個人的な同僚MY氏の評価は“心理学が好きな人”です。
これとオープンマインドぐらいしか、
心理学を取り扱った本は借りてないんですけれどねぇ。

と言う事で、深層心理を題材にした本です。
催眠療法やら箱庭療法やらが出て来ますが、
こういう漫画に出てくる療法は、なんかうさんくさいです。

なんというんでしょうかねぇ。
結果が先に在って、その結果に向かって、
過程を書いている様に見えるんですねぇ。
まぁ、要するに“出来過ぎ”。

今の所、物語を読み切れた事が無いので、
物語としては面白いです。
まだ2編しか読んでいないので、練られた物語なのか、
伏線が少ないだけなのかの判断は出来かねますが…。

続きを読む

ARIA第1・2巻

現在TVで放映しているARIA The ANIMATIONの原作者、
天野こずえさんの作品のコミックです。
前回買って正解だった“AQUA”の続編です。

アニメ版のネタバレを危惧していましたが、杞憂でした。
と言っても、同様のネタが無い訳では無いです。
しかし、既に幾つか被りましたが、共に楽しめています。
キャラクター登場順序が既にバラバラなので、
完全に被る事が無いです。

ARIAは既に6・7巻出ているはずですが、
一気に買うと一気に読んでしまうので、
ちょびちょび買って行ってます。

ゆったりとした雰囲気が楽しめる人には、
結構楽しめる漫画じゃないでしょうかね。
個人的には“あずまんが大王”に似てると思ってます。
友人からは否定されましたけれど。

さて、うちがどれぐらいはまっているかと言うと、
同僚MY氏に借りた“サイコドクター楷恭介”を読まずに
ARIA読み進めるぐらいはまってます。
一応、基本的に借りた物を、
優先的に処理していく性格なんですが…。

続きを読む

小学校同窓会と本日3回目のカラオケ

最寄り駅近くで小学校の同窓会がありました。
小学校は2組と少ない人数なんですが、
それでも13人集まりました。
また2次会から参加するメンバーも、かなり多い様です。

さて、うちはオールでカラオケ6時間。
その後MRK氏とカラオケ3時間。
間々に仮眠を取りつつ、同窓会開始時間に成ってしまいました。

開始時間に成って要約起床し、30分遅れると幹事にメール。
急いで風呂に入り、また同じく急いで身支度。
財布の中が3千円切っていたので、
集合場所と反対側のATMへ行き、お金を降ろしました。
この時点で既に開始時間から30分過ぎていました。

万札だと、恐らく後々面倒だと思い、
ATMが設置されている建物内に有る本屋へ行き、
“ARIA”第3巻を購入して、細かく崩しました。

言えに戻り(と言うか、通り道)、“ARIA”を玄関へ放り投げ、同窓会会場へ移動。
着いた頃に1時間経過していました。
時間が2時間との事なので、残り1時間です。

まぁ、来てた人は基本的に殆ど変わって無かったですかね。
流石にこの年齢で髪染めて茶髪とかは(心の中で)嘲笑しましたけれど。

なぜか同級生ほぼ全員が“サラリーマンが恰好良い”と、
言っていました。
ってかお前ら殆どサラリーマンとかOLだろ。

ベンチャー企業の会社立ち上げたとかなら恰好良いのも分かるが、何故にサラリーマンが恰好良いのか…。
みんな、疲れてるんだな。

2次会、カラオケ。
正直な話、ブログのネタの為だけに行きました。
カラオケに2時間行き、これで累計カラオケ時間11時間。
1日の約半分をカラオケボックスで過ごしました。

声が出たか?
その日最後に歌った歌は
“GLAMOROUS SKY(NANA starring MIKA NAKASHIMA)”。
まぁ、一応出てたんじゃないでしょうか。

続きを読む

本日2回目のカラオケ

アミューズメントタイムズスクウェアBbでオールを兼ねて、
カラオケを6時間してきた訳なんですが、
その施設から帰宅したのは午前10時頃です。

で、午後1時からMRK氏とカラオケ行ってきました。
本日2回目です、相変わらずカラオケ好きですね。

基本的にMRK氏とカラオケに行くのは、
一昨日ぐらいから決まっていました。
先週末行け無かったので暇な日に行こうと成ってました。
それが今日でした。

さて、既に6時間歌ってきた喉はどんな声を出すのかと思いつつも、いつも通り遅刻して集合場所に行くのでした。
すまん、MRK氏、眠たかったんだ…。

集合場所に行くと、懐かのゲーセンで新作“ギルティギアスラッシュ”をしているMRK氏を発見。
声を掛けると、ゲーム捨ててカラオケ屋に向かいました。
そこまで歌いたかったのね。

カラオケ屋に着き、取り敢えず、歌ってみました。
歌う前までは6時間歌った後とは言え、そんなに酷い事は無いだろうと思っていました。
が、しかし、いざ歌ってみるとキーが安定しません。
特定の音域が全て上方向に飛んで行ってしまいます。
あ〜、やっぱり6時間を越えるカラオケは無理なんかと思いつつも、色々歌っていくのでした。

そして、3曲目ぐらいからでしょうか。
カラオケシステムUGAには今現在Sound Horizonさんの楽曲が6曲入っています。
その6曲を連続で歌っていきました。

基本的に女性ヴォーカルパートしか色送り付きテロップが出ません。
一部の男性ヴォーカルパートは科白扱いで色送り無しテロップとして表示されます。
表示されるんですが、かなり微妙です。
全パート中、半分有るか無いかしかテロップが出ません。
全然足りません。
ちょっと残念です。

えぇ〜、惨敗です。
高いとは思ってましたが、かなり高いです。
状態が万全なら出ないとは思えませんが、
6時間後の喉にはちときつい様です。

とは言え、2時間取ってるので黙々と歌っていました。
そうすると、1時間後ぐらいから大分キーが操れる様に成ってきました。
声も出るように成って来たので、1時間延長して歌い続けました。

時間も過ぎ、ラスト1曲をリベンジの意味を込めて、
Sound Horizonさんの“エルの天秤”。
終盤かなり高く成り、焦りましたがなんとか歌えました。
う〜ん、Chronicle 2hdの楽曲入ってくれませんかね。

3時間歌った所で終了し、MRK氏と別れました。

現在の累積カラオケ時間9時間。

続きを読む

ビーバーワールド(20051125)

つい2日前に6時間遊んだばかりのアミューズメントタイムズスクウェアBbに再び行ってきました。

参加者は2人減って1人増えた同僚4人(うち含む)。
入った時間が既に10時頃と遅く、オール必須の状況です。
まぁオールする為に来たんですけれど。

流石にオールだけ有って長い事居ました。
その時間実に9時間、4000円程度でしたでしょうか。
まぁこういった御金の使い方も有りですかね。

9時間のうち、実に6・7時間はカラオケに居ました。
と言う事で時間配分は大体こんな感じです。
カラオケ6時間
ビートマニア・ギターフリークス2時間
その他のゲーム1時間
流石にオールでゲームするのは無理です、脳が疲れます。

ドラムマニアしまくっていたので、そこそこ上達しました。
相変わらずフッドペダルは無理ですが。

続きを読む

時間制ゲーセン

祝日と言う事で同僚5人(うち含む)でアミューズメントタイムズスクエアBb(ビーバーワールド)に行ってきました。

時間制課金タイプのアミューズメント空間です。
個人的には“時間制ゲーセン”って言ってます。

以前、同じく時間制ゲーセンであるJJ Clubに行った時は、
設備の割に値段が高く、割高感がありました。
でもこのBbは結構設備が充実していて良い感じです。

今回が2回目ですが、はまってます。
前回、初めてBb訪れた時はロッククライミングに初挑戦しましたが、2階の高さが限界でした。

今回は大体6時間居ました。
カラオケ2時間
ダーツ2時間
その他ゲーム2時間。
ダーツが熱いですね。
同僚MY氏と淡々とダーツしてました。
今回やけに調子が良く、結構狙った所にスパスパ刺さってくれました。
58点以上じゃなきゃ負けの所で20トリプル(60点)に刺さった時は流石に歓喜と言う名の暴走をしました。

続きを読む

灼眼のシャナ第1巻

小説・アニメ・コミックスとメディアミックスに成っている
旬の作品なんでしょうか、灼眼のシャナ。

読んだのは小説(電撃文庫)では無く、
漫画(電撃コミック)の方です、借り物ですけれど。
小説版も何時か読みたいとは思ってるんですが、
今は時雨沢恵一さんの本が残ってるので当分先ですね。

小説は読んでないので灼眼のシャナは、
アニメ版から入った質です。
その道の人に依ると、
アニメ版は解説・説明が少ないそうです。
それらがちゃんと解説されてる様なので、
アニメから入った事は読んだ方が良いとの事でした。

序盤の作画の乱れがちょっときつかったです。
最初の登場では刀を逆手で持ってるはずなのに、
次のシーンでは順手・そして逆手・順手・順手・逆手と
ころころ持ち方が変わるのはどうも違和感を覚えました。

あと、普通、剣を振る時は上から下・外から内に振ります。
右手で剣を持っていたら右上から左下です。
なのに右手で持った剣が振ったエフェクトと共に、
右上に在ったりします
(斬り返しと考えられなくもないんですが…)。

奇抜な姿勢で速度感を出そうとしたのかも知れませんが、
流し見推奨です。
後半は安定していたので安心ですが。

アニメ版に対して解説が付加されてたって感じは、
あまりしませんでしたね。
科白が漢字で書かれているのは、
世界設定を理解するのにかなり助かりましたけれど。

続きを読む